古くて売却できるか不安

中古車として売却したいがボロボロで売れないのではないか、そういった悩みをお持ちの方もいるでしょう。

売却時は走行距離、経過年数、人気、車両の状態などが査定として見られる部分になります。

ですので例えば勝手からもう10年になり、走行距離も20万kmになる、こういった場合は中古車売却も躊躇してしまうことでしょう。

ですが、そんな状態であっても意外に売れることがあります。

それは業者が海外に販路を持っているときで、海外では日本の品質は高く評価されていますし、実際年数が経った車でも丈夫で高い品質を保っています。

また、ハイエースや軽トラックなどの車はそもそもがボロボロになるような作業が多く、また需要がいつも高いこともあってボロボロでも売れるケースはあります。

廃車を買い取ってくれる業者の存在

中古車として売却できればそれはそれでいいのですが、本体のフレーム部分に傷があり、走行が難しいなどの売却自体が難しい場合もあります。

こういった場合は廃車を選択するしかありませんが、実は廃車を専門とした業者が存在するのをご存知でしょうか。

廃車専門買取業者は車検切れや事故車、また車両として一般的に価値のないものも買い取ってくれます。

車には廃車同然のものでもまだまだ使えるパーツがあります。

この業者は車両をそのまま売るのではなく、こういったパーツを売却することで利益を出しています。

通常の中古車のような価格での売却は難しいですが、廃車となれば場合によっては廃車費用がかかることもあるので利用するメリットはあります。

廃車と売却どっち?

では、自分の車は廃車と売却どっちにするべきか、まず過去の傷や事故による損傷を修復した修復歴車であった場合。

この場合、修復歴がある車は査定に響きますがそれだけでは問題とならないケースは多いです。

ただし走行に支障があったりフレーム部分に大きな問題がある場合は厳しいかもしれません。

次に購入してからの年数について、こちらは5年を目安に考えるといいでしょう。

また、走行距離は10万kmをおおよその目安にします。

ただし、車種や買取業者によってはこういった場合でも買い取ってくれる場合もあるのでまずは買取業者に査定見積もりを取ってもらうことをお勧めします。